活性炭の      再生サービス

カルゴンカーボンは、環境に配慮をしています。なぜなら、わたしたちが日頃の生活でどんな行動をとるかが、わたしたちの生活の持続可能性に大きな意味を持ってくるからです。リサイクルや再生処理は、こうしたわたしたちの生活上の取り組みで、重要な役割を果たしています。わたしたち、カルゴンカーボンは、何年もの間、廃活性炭を再生処理してきました。

活性炭の機能と利点:

活性炭の吸着性能が破過した後は、カルゴンカーボンへ送り戻して、リサイクルをするため、熱活性処理をすることができます。活性炭に吸着された有機汚染物質が、高温の再活性処理とオフガス処理で破壊されます。その後、再び活性炭を安全にかつ経済的に処理施設に戻せば、継続して使うことができます。再生処理プロセスには、以下の工程があります:

  1. 廃活性炭は、酸素が欠如した状態の高炉で温められます。この時、酸化剤として蒸気が用いられます。
  2. 吸着した有機汚染物質は、活性炭から揮発するか、あるいは、炭素へと熱分解されます。
  3. 揮発有機物は、炉のアフターバーナーで破壊されます。
  4. 酸性ガスは、薬品を用いて除去します。
  5. 活性炭の吸着能力を回復するには、蒸気を用いた高温再生処理が適しています。

廃活性炭は、再生処理によってリサイクルできるため、お客様は、廃棄物処理費用や長期の危険負担費用の節約ができます。再生処理とリサイクルにおける最大の利点は、再生処理による二酸化炭素(CO2)の排出量が、活性炭の製造や供給、補充新炭の加工による排出量よりも低いということです。カルゴンカーボンは、米国、欧州、アジアの活性炭再生処理施設で、お客様の環境対策にかかる目標達成を支援し、事業の持続可能性を高めるための支援をしています。再生炭は、新炭に代わる、吸着効率や費用対効果の優れた製品といえるでしょう。

カルゴンカーボンが提供するカスタマイズ上水処理グレード再生炭(CMR)、カスタマイズ食品グレード再生炭(CFR)、カスタマイズ工業グレード再生炭(CIR)は、すべて新炭と同じ検査システムを用いて、品質管理をしています。


Applications:

上水処理

世界各国の飲料水を安全できれいにするために使用されています。

排水処理

費用対効果の高い技術として活性炭は工業廃水や地表水などから有害な汚染物質を除去しています。

気相処理

有害物質や揮発性有機化合物(VOC)が空気へ再放出されることを防ぎます。

工業プロセス

化学品および石油精製業界では化学品の精製やガソリンの蒸気回収に使用されています。

食品と飲料

色や臭いなどの不純物をシロップ、酸、アミノ酸、ビタミン剤、飲料、アルコールやグリセリンから除去します。

医療

抗生剤やステロイド、そしてビタミン剤を含む医薬品を精製します。