池・水族館・プール

水中に見られる多くの汚染物質は、海水魚と淡水魚、爬虫類、両生類、カメにとって有毒であるため、水槽や池から汚染物質を除去しなければなりません。

技術/ソリューション:

クロラミンは塩素を除去するより難しい場合がありますが、触媒機能をもつ活性炭は、その表面でクロラミン反応をおこすため、優れた効果を発揮し、また、その吸着速度は、従来の活性炭よりも速くなります。

一般に活性炭は、水槽や池の有機物含有量を低減するために利用されます。有機化合物には吸着力が弱い物質(アセトン、塩化メチレンなど)から強い物質(トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、トルエン、キシレン、ナフタレン、フェノールなど)まであります。

粒状炭

粒状炭は、化学的酸素要求量(COD)、吸着性有機ハロゲン(AOX)、殺虫剤、溶剤、有機化合物およびその他の有害物質を低減するのに有効で経済的な技術だと実証されています。活性炭の必要数量は、処理流量と有機物の濃度、目標の出口濃度により変わります。

詳しくはこちら >>