PFC(過フッ素化合物)の除去

米国環境保護庁による健康勧告では、 飲料水に含有するPFOSおよびPFOAの上限値を70pptとしました。  

過フッ素化合物(PFCs)とは?

•自然界には存在せず、完全にフッ素化された人工の化合物です。
消火用のフォーム、表面活性剤としてのコーティング添加剤など、さまざまな製品に使用されています。
•PFOS (ペルフルオロオクタンスルホン酸) とPFOA (ペルフルオロオクタン酸)は、最も一般的に製造される 過フッ素化合物です。
過去の製造プロセス中に製造された大量のPFCは、大気、土壌、水に放出されています。

なぜPFCは人体に有害なのか?

PFOAおよびPFOSは、その化学的安定性および低揮発性という性質から、大気や水性環境中で持続的で移動してしまいます。
動物毒性試験より、発育、生殖、および系統的な影響が懸念されています。
経口暴露後、PFCは血清、腎臓、および肝臓に蓄積し、吸着されてしまいます。
直接酸化、光分解、生分解、空気除去/蒸気抽出に耐性があるため、除去が困難です。

米国環境保護庁(EPA)による対応は?

PFOSとPFOAはEPAの汚染物質候補リスト(CCL 4)に記載されています。
EPAは、PFOAsと関連する化学物質をさらに調査し、製品の排出量および使用量を削減するための措置を講じています。

PFCを除去するには?

粒状活性炭フィルターは、過フッ素化合物を水から還元するための有効的な技術として認識されています。
PFOSおよびPFOAを完全に破壊するには、濃縮されたPFC廃棄物の焼却が必要となります。フッ素が吸着された使用済み活性炭は、熱再生することにより、吸着した汚染物質が破壊され、再使用することができるのです。
Filtrasorb 400およびFiltrasorb 600を使用した、速カラム試験(ACT)では、ペルフルオロブタン酸(PFBA)、ペルフルオロペンタン酸(PFPA)、ペルフルオロヘキサン酸(PFHxA)、ペルフルオロヘプタン酸(PFHtA)、ペルフルオロオクタン酸(PFOA)、パーフルオロデカノン酸(PFDA)を含む過フッ素化合物の除去に有効的な結果が示されました。
強力なフッ素-炭素結合と低い蒸気圧により、PFOA / PFOSは直接酸化、生分解、エアーストリッピング、蒸気抽出、直接光分解(UV)を含む多くの従来の水処理技術に対して耐性を持っています。
各水源には異なる組み合わせや濃度のPFCとTOCが含まれているので、活性炭の破過速度を推定するために、代表的な水サンプルを使用して、ラボまたはパイロットテスト(加速カラム試験またはACTなど)を実施することを推奨しています。

カルゴンカーボンができることは?

•幅広い用途と規模をカバーする活性炭吸着技術により、実績があり、費用対効果の高いソリューションを提供します。
•緊急時に展開できる一時的または、恒久的な活性炭システムを提供いたします。
技術チームおよびエンジニアチームが、必要に応じてラボやフィールドテストを実行し、さまざまなアプリケーションや顧客のニーズに合わせたソリューションを調整します。 PFCを熱分解し、活性炭の再利用を可能にする活性炭再生工場を全世界に保有しています。