触媒

活性炭は、その独特な表面積の大きさ、純度、相対硬度から、触媒金属や触媒として、理想的な担体といわれています。

技術/ソリューション

以下の触媒用途で、カルゴンカーボンの活性炭が使われています。

  • 電池  ―  乾電池では、炭素の内部表面積における触媒活性によって、亜鉛 – 酸素脱分極塩化シアヌルの生成が促されます。活性炭は、青酸の塩素化を促し、塩化シアンや最終的には塩化シアヌルを生成します。
  • グリホサート  ―  これは生分解性除草剤です。カルゴンカーボンは、粉末や顆粒材料、グリホサート製造用の酸化触媒として、特殊な触媒強化活性炭、CENTAUR®を製造しています。
  • ホスゲン  ―  活性炭はホスゲンの製造および破壊の双方に用いられています。
  • 貴金属キャリア  ―  カルゴンカーボンではさまざまな種類の粒状炭、粉末炭、高純度で硬いヤシ殻活性炭を取り揃えています。これらの火星炭は、貴金属触媒担体として医薬品および化学品分野で使われています。

粒状炭

触媒用途や触媒担体として、異なるグレードのGACを取り扱っています。

詳しくはこちら >>

製品: Catalyst Support with Activated Carbon