酸と化学品の精製

酸の製造工程では、精製、不純物や臭い除去、香味調整のために活性炭が用いられます。

 
 酸や化学品に活性炭を使うことは、発酵などのプロセスから有機酸やアミノ酸の脱色、精製する上で重要です。

 

技術/ソリューション

特定のグレードの活性炭は、酸性薬品工程において機能するように設計されています。そのため、一部の活性炭は事前に酸可溶性灰を除去するために酸洗されます。一般的に塩酸、リン酸、および硫酸などに用いられます。

活性炭を用いて処理できる有機酸には、ギ酸、酢酸、プロピオン酸、コハク酸、シュウ酸、乳酸、リンゴ酸、安息香酸などがあります。

粒状炭

わたしたちが販売する活性炭(GAC)のうち、特定のグレードの活性炭は、酸処理専用に設計されています。

詳しくはこちら >>

再生サービス

カルゴンカーボンでは、安全で経済的な廃活性炭の熱処理再生サービスと補充新炭の供給、そして可搬式活性炭充填機器のレンタルまたは、販売を組み合わせて包括的に提供しています。

詳しくはこちら >>

機器

カルゴンカーボンでは、活性炭と機器、関連サービスを一体化し、お客様へ包括的なソリューションを提供しています。それぞれのお客様と設備の評価をして、建設資材が特定の酸環境に対応できることを確認します。より厚いライニングや特別なガスケット、そして暗渠などが使用されます。

詳しくはこちら >>

製品: Activated Carbon for Acids/Chemical Purification